スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

牙狼オフ&メダオンリー 

ほとんど寝ないで参加したイベントだけど、どちらも非常に楽しく参加できました。
参加された方はお疲れ様でした~



牙狼オフ



2徹でメダオンリー準備も割と余裕で終わって、
終電より少し前に開場に向かう事に。

上野に出て、会場を探すと、CR牙狼ムービーが流れてて、あそこだな、と思ったら、
マジでそこでした。パセラリゾーツ。

牙狼看板01


入り口でゲームをやっている人を見たらにらさんだったw
そんなこんなでお話しつつ、入場すると月光さんもいて、ご挨拶。

以下は細かく書くとアレな事もありそうなので、かいつまんで書きます。


新規参加者多し。CR効果は凄い。

70名もいるので自己紹介で軽く2時間くらい。

ライターの小林雄次さんやスタントのこしげさんとお話できた

こしげさんと小林さんのサインを頂いた


牙狼ライター01

抽選で絶狼のジッポー当たった。しかも一回抽選辞退したので運がよすぎる。
13番の抽選番号は伊達じゃないってことか…

いつもどおり、いろんな方に絵を見て頂いた。物凄く感謝。

デュエマの画集は買うしかない。(しうさん的な意味で)


こんな感じで濃い時間がオールナイトで過ぎて行きました。5時間もあったのか、
5時間しかなかったのか。それはまた難しい所で。また次戒あればいいなあ。





メダオンリー



牙狼オフが終わって、一時間くらい外で色々な方とお話した後、
御茶ノ水の江戸遊へ。元損保会館はとくに全面改装っぽさは感じられなかったけど、
なにかやってるのかしら。備え付けのTVでスパヒロを見つつ、8時には閉館という事で、
喫茶店に移動して、ワンセグでWを見る。こういうとき便利だよねー

Wを見る前にmarikさんにモーニングコールを掛け、起きているか確認。
「もしもし、さあ、お前の罪をry」 起きていたので何より。

Wを見たらとりあえず会場の神田エッサム本社ビルを目指す。
例に漏れず逆方向に行く。目印と同じ建物が逆方向にあるのは罠としか言い様が無い。

会場に着くも、誰もいないのでコンビニで食料調達。
早くも一般の方が並び始めて驚く。はええよ!w

アオギリさんも到着し、marik先生はまだかと話す。
そうこうしてると電話が掛かってきて「迷った」と、言うので迎えに行く。

ようやく合流して、歩いていると、「メダロッターですね」と話しかけてくる人が。
なんとあけいさんだった。メダロッチをしていたので話しかけたとの事w
こちらのサークルの事もお話し、一同会場へ。

しばらくダベってるとアレ串さんたちも現れる。
そんでもって入場。こっからが修羅場。

コレ以降は記憶が曖昧なんだけど、CDのパッケージング作業がヤバイくらい
時間が無かったので、必死にやっていた記憶がある。

開場して30分後まで頒布できないくらいクライマックスだったから困る。
とりあえず列が出来ちゃって更に混乱していた記憶ががが。


特に頒布開始して、会計しようにも脳がオーバーヒートしてる上に、
値札が見えないから価格もチェックできない始末。

会計モタついてマジすんません!


メダオンリー01 メダDS記念コピー本表紙



なんかあっという間に色々売れてしまって、いつもの偽メダメンバーや、
カヲさん降臨など、色々あってあっという間に時間が経ってしまった印象。


片付けも手間取って、お茶会とか人多過ぎで、通路も無いくらいだから困るw
途中マツシマさんと合流してミーアのフィギュアとか受け取って、開封したり、
ジャンケン大会やオエバトの結果なんかを見つつ、アレ串さんの色紙にイラストを描いたり、
とにかく忙しかった印象が。最後にほるま先生に今回の本を渡して打ち上げに行きました。


打ち上げの記憶がマジで遠のく位疲れていたようで、たしかに三日寝てなければ
ああなるわな、と反省。泊まり先が無かったので、マツシマさんのご好意に甘えて、
ひとまず窮地を脱する。マジありがとうございました!



ひとまず当面同人イベントの予定はコレでナシ。ちょっと自分の事に専念したいので、
10月以降は色々動けそうです。


スポンサーサイト
[ 2009/09/30 23:01 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guiltism.blog96.fc2.com/tb.php/83-7f7349af





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。