スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今こそこの呪われた過去を振り切るぜ! 

※以下本音満載でお見苦しい事この上ないので、
ちょっと読んで不快になった人は閉じる事を推奨します。
異論反論あると思いますが、ガマンの限界なのでそっとしてやってください。


僕はいらない子

と、最近思いつつある。統計的な意味もあるけど、いらないというよりか、
無理に企業や既存の枠にこだわらなくていいというか。
もちろんスペックの低さもあるので、一概には言えないんですが。
それでもその能力をお金に換えろって言う人は多いですが、難しいです。
(貨幣経済そのものに限界を感じているのもありますが、それは今回は割愛)


正確には、絵とかデザインが人に頼む事から自分でやる事、
つまり、ある程度の条件を満たせば「誰でも出来る事」に変わりつつある。

ひぐらし(うみねこ)、東方、BRS、ミク、etc…
勢いのあるものはユーザー補正やユーザーが生み出したモノが商品になるケースが多い。
同人ショップやゲーセンのプライズを見ても正直驚くし、
こんな田舎の静岡でネットの流行がダイレクトに反映されている事を実感する。

つまり、企業が企画し発注するのではなく、単なる思い付きだったり、
単純に好きだから生み出されたモノが市場に影響を与える仕組みが、
インターネットの普及でオートメーション化しつつある。(勝手に労働形態が形成されている)

仕事を振らなくても誰かが勝手にやるし、大衆に望まれるモノは量産化されやすい。
言い換えると、プロや企業がやってきた仕事を「横取り」されている状況なのだ。
しかもそれ以上に迫るクオリティで。(むろん、その中にもプロがいる事は否定しない)
むしろ情報、アイデア過多とすら言えなくもない。


今までも同人があっただろうという人がいると思うけど、
設備や資金の問題を時間が解決してしまって、個人レベルにまで落とし込まれた現在、
大量の同人誌や、ガレージキットなどが生産されているのを見ると、
一本の仕事で食っていく事は難しいだろうし、
むしろ短期で色んな仕事をやってつないでいく仕組みが完成(社会保障なり)すれば、
それはそれで問題ない気がする。全時代的な価値観に縛られる必要なし。
(どうせいつ死ぬか判らないしできればさっさといなくなった方が良いのだろうし)

同時に同人活動をやってみて、基本無償だと思っていたが、実際はギャランティが発生し、
ギブ&テイクの関係が成立し、市場が形成されているのを見ると、
もはやこれも「仕事」化しつつあるんじゃないだろうかと。

お金もらって何かをしてそれが世の中に出る。構造だけならプロがやってるのと変わらない。
当然知名度が高まれば責任や義務も発生し、評価を維持せざるを得なくなる。

ちなみに僕自身の案件は 無償>有償 が圧倒的なので今後も無償労働して行く事でしょう。
ギャラの未払いとか結構あるしねー



でもこれは、あくまで一人身の、守るモノがない男の勝手な言い分であることも忘れないで欲しい。
家族がいる人はココまで勝手な事出来ないだろうし、もしかしたら、
既存の「家族」という概念そのものが変化する可能性もある。(無理に今の形態に縛られる必要はない)
下手すると自分に都合のいい相手とだけ付き合い、暮らす社会だって訪れかねない。
それを「家族」と形容する事もあるのかもしれない。ともに生きるパートナーだもの。

しかし、生きていくために当面はお金というか食べ物と家くらいは必要なので、
どうにかそれを工面しなきゃいけない。が、あんまり「働く」という意味で良いと思える仕事がない。

いらない仕事って言っちゃうとアレだけど、実際いびつに感じるろくでもないものばかり。
(絵やデザインの様に好きという人も少ないだろうし)
自分の労力の行き先を考えるとろくでもないなあと思うし、かえって企業さんの首を絞めている気がするので、
じゃあなにすればいいのよっていうのが<今ココという感じ。

幸い僕の家族はそういう考えに理解があって、家においてくれる上に色々手伝ってもらってありがたいことこの上ない。
が、さすがにもうちょっとどうにかならないかと思うところがあって、あがいてます。
ドラマと言う形でそういう理解を深めてくれたゲゲゲの女房さまさまですわー



ちなみに大学2年から3、4年就活して全滅した人間ですので、
正攻法では正直やる気が起きません。だって、貯めたお金も稼いだお金も、
全部印刷費(一社最低5000円~)、交通費(東京方面往復最低6000円~)、雑費に消えるんだもの。
目先の小金で玩具でも買いますって。

ちなみに大阪のC社を受けて、一次(交通費)>二次(交通費、印刷費)>三次に行かずお祈り(落選)となると、
一ヶ月に10万近く合計で飛びました。ええ。新幹線往復で4万、それが二回で8万+アルファの代金。
(交通費は大体面接時から支給されます)

無いわー。玩具買う。ちなみに三年くらい受けたので30万の損失。まあ、好きでやってんですけどね。
が、一ヶ月に3、4社受けてみて下さいな。あっという間に貯金消えますよ。しかも値段相応かと言うと確実に違う。

B社を受けてポートフォリオ代を削減したくて圧縮したら、
40P満たないヤツはその時点で落とされる上に返却無しで破棄とか聞いてアホかと。
企業さんはドンだけ視野狭いんですか。まさか自分の所だけ受けてくれるとでも?
そういうのがあってますます企業のエゴイズムみたいのが大嫌いになりましたとさ。



よくネットとかだとカウンターとして、それはお前の才能だったり努力だったり工夫が足りんと言われますが、
僕が採用者だったら、どうとでも理由つけて落とせるんですね、実際。極端な話気に入らないからと言う理由で。(キモイとか)
優秀かどうかより、合う合わないと一緒でそういうのが大事なのです多分。多分ね?
(これは自分が人を募集して採用してゲームを作ってなんとなく判った)

と、なると究極的に大事なのは相手の機嫌を損ねない事、これに尽きると思う。
機嫌を損ねなければ何をやってもいい。だって機嫌損ねないんだもん。圧力も掛からんし。
そんな感じでどうせ受けても受からないし、お金の無駄、としか思えなくなってきました。
自分だけでなく家族のお金も掛かってるんだから、負債総額どんだけだよと。
特殊な企業受けてるのは判るけど、格差できるよホント。都会ほど有利。(時間、費用、チャンスとあらゆるコストから考えて)
ちなみに上京して暮らすのは当面無理です。頭金も既に無いので。


そして、学生時代からなぜかいろんな人に起業しなさいと言われますが、実際リスクでかいよ?
失敗したら家族だけじゃなくもっと回りにダメージいきそうよ?
そもそもあなた起業してないじゃないですか(少なくとも今はやっていない)、と。
大体お金を稼ぐような事業もないしアイデアもないし打算なさすぎで会社として成立しないよ?と。


どっかのデザイナーさんにはそんなんだとお前社会に間引かれるぞと言われましたがどうぞどうぞ。
むしろ処刑人でも立てて処刑してくれませんかねえ。キバのクイーンやキングみたいに。僕に夜が来る。
実際ある程度の身辺整理はしてあるので、玩具以外は簡単に処分できるはず。あとは遺言状キットでも買いますかね。


と言う訳でこんなワガママのひねくれモノでよければネット介して在宅でいいので
日給1000円程度でいいので誰か雇ってください。(在宅作業ならひとまずはウチはそれで十分です)

※ちなみにオタ向けの風俗産業には手を貸しません。というかできません。生理的に無理。
(エロが嫌いな訳ではないのであしからず。むしろ好き)



こんな事言ってますが、ガマンするのを止めたとたん、絵もすいすい描けるし、
日常が充実してると感じました。最近楽しいよホント。
ガマンイクナイ。だから聖職者は得てして変態だったジャナイデスカッ!


スポンサーサイト
[ 2010/06/30 15:21 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guiltism.blog96.fc2.com/tb.php/104-09b05613





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。