スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ピクフェス参加します、の巻 

絶望したッ!!!23に気づいたらなっていて絶望したッ!!!
もう年は取りたくない~

1092214063_25.jpg ピクフェス告知

という訳でピクフェスに当選してしまったので参加します。
展示する絵はロックマン9のやつですがw




アートボックス2番を借りてポストカード配布とかも予定してます。

picfes2.jpg

http://www.designfestagallery.com/application/artpiece_east.html



■ピクフェス

http://f.pixiv.net/

開催期間は

2月27日:12:00~20:00
2月28日:11:00~20:00
3月1日 :11:00~18:00

入場料 ¥500

入場時に特製パンフレットと
評価シールを配布。


になります。一応全日待機してようと思います。
お時間がある方は是非。

って参加者一覧みたらピクシブ本とかに載ってる人多いwww
それ以外にも結構知ってる方で上手い方ばっかでマジ恐縮。
自分、ホントに出ていいのだろうか…


■最近見てる、見てた番組で好きなのとか。

・RD 潜脳調査室
この世界観で明るいテイストは珍しいので、
毎週楽しみにしています。みなもちゃんぷにかわいい。


・ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODESSEY
毎週怪獣がありえない動きをするので困りますw
ストーリーも結構面白いですし、色々こだわって作っているのがわかるので
今後どうなるか楽しみ。


・蟲師

蟲師はなんか目や耳、絵等感覚に訴えるアニメでよかった。
虫との共存をしていく世界観がなんとも日本的でいいなあ。
背景も綺麗でした。

BS2でも火曜0:25あたりからやってるのでオススメ。


・はじめの一歩とあしたのジョー2

なんか最近ボクシングアニメが熱い…!

はじめの一歩は見てると頑張ろうって思えるいいアニメ。
一歩の相手をリスペクトする姿勢こそが強さに繋がっているなあと思ってします。


あしたのジョー2は記憶から抜け落ちてるんで視聴。
力石戦のあと行方不明になったジョーが帰ってきて始まる。
しかし、ジョーのトラウマ話が続くのでこの先に期待。ジョーかっこいいよ。



概ねgyaoの配信でしか見てない罠。

■ほる○先生自重www(記事の一番下のコメントレス参照)
http://ameblo.jp/gsc-asanon/page-2.html#main

「ヒトは大人買いをするために大人になるのです!」
うん、どんどん自分もダメになっていくね!


■拍手お返事

>>大変勉強になりましタ。ありがとうございマス^^


こちらこそ勉強不足でスイマセン、まだまだ色んな情報を拾わないとダメですね。
次回その辺ででた矛盾を突っ込んでみますw


>>RZ歴史考察、とても面白かったです。 四天王製造時期は本当に謎ですよね。
赤オコワの四天王欄には「コピーエックスが創られた技術と同じ技術を使って創造されたレプリロイドたち」とあり、コピーエックスの前に作られたとも、コピーエックスの後に作られたとも取れてしまう様なことしか書かれておらず・・・オメガしかりマザーエルフしかり彼らもキーキャラクターだったのですから、もう少し公式からのツッコミがほしいところですよね。 本当公式がハッキリしてくれないとどうしようもないというwwwなんて罪なんだ淫帝!! RZ二次創作、応援しています。


これはまた長文ありがとうございますw
長文歓迎ですよ?関係ないですけどヴァイナーには20分超の曲もあるくらいですから、
長いことには慣れております。

という訳で、ロクゼロは案外キーキャラの掘り下げがされていないんですよね。
ストーリー上核となる敵キャラ(コピーエックス、エルピス、オメガ、バイル等)はどうしても画面に出ることが多いのでその分掘り下げがされるんですが、四天王はかませ的なポジションなので、掘り下げ直前で消えちゃうことが多いんですよね(倒されたりして)なので、謎を引っ張るにはいいんですが、謎自体の解明前にゲームのシリーズが終了してしまたっという罠。それが貴様の正義かry

兎に角既存の情報で拾える所を拾うしかない、って感じですねホントw
二次創作ではありますが、どうやら結構本気っぽいですよ?期待していてくださいね。



もうひとつコメントがあったのですが、レス不要とのことで、
今回の二次創作における個人のスタンスをお話します。

まずは事実に沿って展開する事です。IFは事実があって成立するので、(妄想だけではどうにもならない)
事実のまとめとして一つ年表があるわけですが、そこからさらに個々の設定に及ぶ事になります。
事実を事実として認めるところから真実の追究が始まるって所でしょうか?

IF妄想なんかはサイバー空間内に蓄積されたデータと言う事で処理すると結構楽になります。
そういう妄想の落としどころや作品に取っての魔法(何でもありな設定)を上手く生かすことで自分のやりたい事をやるのが無難かなーと思います。



僕自身、ゲームを作って1からシナリオや舞台設定、キャラクターやメカの設定の監修までやっているので、
それが版権で既にあるものとなると、ますますしっかりやらないとまずいなあという思考になってます。



例えば絵は設定通りに描くのは何故かといえばそれがオリジナルであり、
それをリスペクトしたいという絶対的な価値観が僕を支配しています。
+オリジナル路線で絵を描く人がロックマン系は少ないので、
僕はあえてカプコン色に近づけたいと思っています。
(事実pixivですら絵柄がカプコンテイストな人はごくわずか)

個性やオリジナリティが無いと言われるかもしれませんが、
おそらく描いていくうちに嫌でも定まってしまうはず。(例としてはヒデキさんとか)



自分なりに描く、俺ならこうする、って思考はノイズみたいなもんだと思っています。
それが、自分の妄想を出してやってみろって事になると逆に何かぶち壊さなければならなくなるわけですが、自分の引き出しよりも公式の引き出しを参考にキャラクターをデザインしたりすると世界観の崩壊を防げます。

ぶち壊す部分は例えば武器だったり、そのキャラクター自体(VAVAとか)を、
ある程度のラインに沿う形で用意することである程度壊してもなんとかなるんじゃないでしょうか。
(ロクゼロ自体XからのリデザインなのでXのキャラをロクゼロ風にする分にはおそらく抵抗は少ない)





何をどうすれば作品のラインに沿ったものが出来て、
何をすれば作品を破壊したり、新しくするかを考えておけば、色々道が開けそうですね。

ロックマンはロボット ロボットからレプリロイドへ レプリロイドと人間の関係性を平等に 
この流れでZXは主人公が変身しても違和感無いんですよ。
ヒューマノイド的な存在になったと仄めかしているので。DASHでは人類が絶滅しているのもありますが。




流星のロックマンはそのへん突飛だったんじゃないかなあ、なんて。
ロックマン=人外の存在であって人そのものではない(変身することで電波になるのはおいといて)
人間とは相容れない存在こそロックマンの影の特徴でもあるんですよね。
(人間の味方かと言うと決してそうでもないっぽい描写も)


人間の男の子が自分で戦っちゃうと、エグゼにあった自分の分身としてのパートナー要素は薄れるし、仮に怪物と契約するにしても、主人公にしか見えないと、孤独なパートナーになってしまいがち。

あと、まず大前提としてロックマンになりえるか?は考えて欲しかった。
エグゼはロックマンが相棒というのが斬新で良かっただけにそれを引き継いでも何ら問題は無かった様に思える。ちなみにクロスフュージョンはパートナー同士が現実で合体変身するからこそ、受け入れられたんだと思う。

3ではその辺一気に修正してみんなパートナーがいることからやはりあれがスタッフに取っての結論だったんだなーと。

んーなんだろう。ロックマン=自分って人はいるのかな?キャラ的に。
僕は常に他者で独立した存在って認識しているので、
ロックマンを主役にしちゃうと子供向けのRPGに向かないキャラクターだなあと思う部分もあります。

ロックマン エックス ゼロ ヴァン ロック で見ると割とみんな独立したキャラですね。 
DASHやZXは若干自分自身と認識できる瞬間が多いですが、やはり声付き主人公で、それなりに指針を持って動いているので僕の中では他者ですね。でもロックが一番シンクロしやすいかなあ。
(人間じゃないと言うのは深層心理での原因になりえる)

熱斗くんやスバルくんはどっちかって言うと感情移入できるつくりのキャラなので、
=自分と認識しやすい部分はありますね。人間だし。



とまあ、ロックマンの特徴としてプレイヤーが操作しつつ、見守るキャラという特徴があるんじゃないでしょうか?まずはこれを上手いこと落とし込めば雰囲気はロックマンって感じのゲームに出来るのではないかと思います。ここからが大変そうだけど…



なんて、色々言ってますが、ちょっと考えればあたりまえじゃん!って事なんです。
ですが、それを常日頃認識するのは非常に骨が折れるので、
こうやって日記とかに書いてみると気持ちの整理ができるかもしれません。



しっかし、なんでロクゼロ年表こんなに好評なんだろうか?
割とみんなこういう部分で色々考察したいのかな??

ロックマン9の絵も今回くらい頑張って解説したんだけどノーリアクションだっただけに泣ける。


終了!
スポンサーサイト
[ 2009/02/26 05:37 ] サークル情報 | TB(0) | CM(0)

ロックマンゼロ年表を作るでござる、の巻 

ちょっと今ロクゼロの世界観を利用した二次創作をやる機会に恵まれたので、
ロクゼロを久々にやるのもいいかもしれない、なんて思って色々調べていました。


その二次創作でロクゼロの歴史の年表が必要になったものの、
イマイチ時系列がつかめない部分が多く、
妄想しようにも、事実の起こった時期は補完できないし、困ったもんです。

ロクゼロ年表01

一応作った年表が↑です。誰かツッコミよろしく!↓でっかいの

ロクゼロ年表03


■■■年表作成で浮上した疑問点■■■

100年前の妖精戦争にてオメガを倒すことになったのはなぜか?という点があって、
単純にオメガは悪い奴、だけじゃ理解できない点もあります。
一応自分なりに資料を漁って辿り着いたのが以下の二説。

●仮説1
オメガがイレギュラー戦争の切り札として投入された説。
(イレギュラー根絶こそが戦争の終結と仮定)

Σウイルスがイレギュラー発生の原因という事で、
イレギュラーになる事のないゼロのボディの特性を生かし戦争を終わらせるべく投入されたオメガは圧倒的な戦闘力を戦線で発揮した。

そそまま何らかの理由で戦線にダークエルフを投入し、
ダークエルフによる洗脳でレプリロイドとイレギュラーの同士討ちをさせ、
そこにオメガを投入する事でイレギュラーを根絶させようとした。

結果的決戦兵器のオメガもイレギュラーとみなされ事態の収拾を図る為に、
一応は仲間であるXとゼロに倒されるという結末。

●仮説2
バイルの個人的な理由でイレギュラー戦争の後、
オメガとダークエルフを使って戦争を起こした説。

ダークエルフによる洗脳で戦争を起こし、
洗脳されたレプリロイド(イレギュラー)を率いたオメガで抵抗する者を大量虐殺した結果、
イレギュラー判定を受けてXとゼロに倒されるという結末。


●結論

結末はXとゼロに倒されるで確定しているが、要は戦線投入のプロセスが明確でない。
オメガが決戦兵器として投入されたのか、それとも戦争を引き起こすために使われたのかが曖昧で、なおかつ妖精戦争の発端が不明と言う点で悩んでしまう。

と、言うのもバイルの心情がイマイチわからないのとイレギュラー戦争終結後
すぐに妖精戦争を起こした事もちゃんと考える必要がある。

また、妖精戦争の定義はサイバーエルフの過剰投入から来ているが、
すでにエルフは使用している様なので、バイルが引き起こしたというのも変な話になる。


イマイチ妖精戦争開始の定義のタイミングがつかめない。


そんな訳で頭がこんがらがりそうになりますw
誰かタスケテー


■■■補足■■■

エックスはイレギュラー戦争を
終結させた後、平和を願ってネオ・アルカディアを作った。

イレギュラー戦争はシグマウィルスが発端となり、世界を恐怖に陥れた。 

やがてイレギュラー戦争は
形を変え、サイバーエルフを悪用した戦いとなった。 
エックスの活躍により悪いサイバーエルフは消去されたらしい


●マザーエルフとダークエルフ

おそらくイレギュラー戦争終結の決定打として、
イレギュラープログラムを元にもどし、
イレギュラーを救うために作られたのがマザーエルフ。

しかしバイルはレプリロイドを操るためマザーエルフの
プログラムを自由に書き換えることができるようを改造をし、
それがダークエルフと呼ばれるようになった。

改造されたマザーエルフに操られたレプリロイドが
組織的に戦うことにより戦争は終結を向かえたが、
その強大な力が悪用されることを恐れ封印される。


●妖精戦争

イレギュラー戦争の終わりごろ、サイバーエルフが大量に使用されたことから、
これ以後、戦争が終わるまでを妖精戦争と呼ぶ。
特にダークエルフと呼ばれる超大型サイバーエルフと、
そのコピーであるベビーエルフの使用によりレプリロイドの力をゾウフクさせ、
同時に思いどおりにコントロールすることが可能になってからは、
かつてないほどの最悪の戦争となった。

戦争は、ダークエルフ使用により 4年で終結するが、
レプリロイドのほぼ90%、人間の60%が死滅した。


妖精戦争の最中で判っている状況は、
イレギュラー化しないX、ゼロクラスや洗脳から免れたレプリロイド以外は
全て敵という非常に凄惨な状況だったと考えられる。(ゼロ3のラスト参考)


●ダークエルフとオメガを組み合わせると?

オメガはダークエルフと組み合わせることにより、
恐ろしい力を発揮する。らしいが詳細は不明。

ダークエルフがレプリロイドをハイパー化させる能力を持つという意味では、
ゼロ3のオメガ第二形態の事を指すのかもしれない。
(妖精戦争の時点で発現しているかは不明)


●サイバーエルフ豆知識

シエルがつけているゴーグルや手袋を使えば、人間でも直接見たりさわったりできる。
レプリロイドは使わなくてもOK。
これはサイバーエルフがレプリロイドの回路に直接作用するためだと考えられている

電撃ゲームキューブ2004年7月号
ROCKMAN FANCLUB ロックマンなんでもQ&Aより



書いといてなんだけど、イレギュラー戦争と妖精戦争を混同したり、分けてる節が公式にもあるので、これはもう向こうがハッキリしない限りはどうにもならないと思うw





どうも最近積んでるゲームややりこみ残しているゲームを、
作業の合間に起動するも、イマイチ楽しめない。

多分今の状況も原因なんだろうけど、夢中になれないことにちょっとビックリした。
ゲームを作り始めてから色々価値観が変わってきたのだろうか?
というか作ってるほうが面白いというのもあるけどw

あと、単純に次世代機とかも持っていないので、
どうしてもソフトがPSPorDSに限定されるのもあるのか…

あれだ。2Dロックマンをプレイできていないからかw
ロックマン9が楽しかっただけにやはりそういうことなのかもしれない。


capture2009__02_22-1.jpg

ファイナルフォームライド…タァタァタァタックン!!
[ 2009/02/23 00:16 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

気づくと玩具買っているよね、の巻 

■キバ玩具

kiva_01.jpg

なんだかんだで並べるとこんだけ買っているという罠。
結構遊んでみると面白いから困る。

最近遊んだのが、サガーク、タツロット、イクサなんですが、

タツロットが案外ボイスが楽しい。飛翔態への変身ボイスはなんか、
妙に気合入っててすごい。もっとシリアスキャラでも良かったかもしれない。

サガークはターンテーブル遊びが良く判らんけどつまらない訳でもないし微妙w
ベルト的な意味ではかなりなりきれます。ギミックが簡素なお陰かな。
ムチが欲しい人はお手軽改造で縄跳びとかのヒモをつけるといいかも(空中で縛り上げてはいけません)

最後に買ったイクサは思わず爆現言いたくなりますねw
いや、マジでこれなりきり面白いな…一番販促されていただけある。
イクサナックル遊びにハマる22歳…敵がいないぞ。


ホント本編の見せ方次第とディケイドが言っている…神に命を返してきます。


■HCMダブルオーライザー

gundam00_01.jpg


ドアさんと新宿にゴーオンVSゲキレン見に行った時に買っちゃいました。

思い人の顔を浮かべて「…ガンダム!」といいたくなり…ませんw
いや、マジメな話カッコイイです。本編でも活躍しているので相乗効果で楽しめますね。
特にビーム刃等オプションが豊富なので、色々飾り方を変えたりしてます。

そもそも本体が武器の合体や組み換えなどで色々遊べるので、
プレイバリューは結果的にかなり高い感じです。これは買ってよかった。

■エンジンオーG12

go_on_01.jpg

ドアさんと新宿で別れたあと中野で買ったキョウレツオーを合体させて完成。
でかい。とにかくでかい。炎神にして機神って感じですな、この迫力はw
分離して保管するのがモッタイナイ。一年頑張って集めた甲斐があります。

あとゴローダーかわいい。こういうサポートロボって昔から好きなのよね。

■ゴーオンVSゲキレン

クロスオーバーのお手本みたいな映画でした。1200円で見れるのも○。

ゲキレンの本編後の設定をちゃんと継いでいるのが好印象でした。
ロンは相変わらずry

ゴーオン側はどうしても物語的な側面上扱いが弱いですが、
彼らが修行をして何かを見出すという展開は正解だったかな、と。
ウイングスがかませになっていたのはもはや泣くしかw

しかし理央様メレ様復活のためのイケニエですね、わかります。
マジで臨気凱装した理央様はカッコイイ。集合でも真ん中だぜ!
さりげなく扱いがいいことで定評のある理央様は健在でしたw

そういえばスーパーゲキレンジャーやゲキファイヤー出なかったけど、
それはゴーオンに合わせた形なのかな?

あと、本編後のオマケとして、イベント映像等が上映されていたんですが、
コイシさんがおもいっきし出てて吹きました。
http://www.terminal-heaven.com/

Project.R で活躍しているから当たり前ですが、あった事のある方がこうして、
作品の中で出てくる感動というのは言葉ではいい表せませんね…!

今年はシンケンジャーでも活躍しているのでCDが楽しみです。


■食玩サガ

saga_02.jpg

投売り150円だけどいい素体。腰が動かない以外はほぼ完璧か。
サガはなぜかカオスなところが好きです。

宇宙人+蛇+ターンテーブル+王+ステンドグラス
というモチーフのカオスさはブレイド並みか。

色々あって結局王の鎧に落ち着いたみたいだけど、
ジンジンが変身したり、宇宙人だったりした設定のせいで最終的な着地点がこうなったようです。


■ジョセフ ブラスレイター バーサーカー

blassreiter_01.jpg

やはりこの形態は配色がガチなので買いました。
一時期は活躍していた形態なので、それなりに記憶に残ってます。
ザーギンと並べたいけどザーギンは出ないだろうなあ…ヘルマン待ちでw

blassreiter_02.jpg


ちょいお高いですので、値引きある時に買うと良いかも。
(アマゾンでガルム投売り買い逃した…)

■リボ天元突破&フルドリライズ

tengen_guren01.jpg

あわせて1800えん…したかどうかすら怪しい。
なんかかわいそうなので買っちゃいました。でもカッコイイね!
もっと早く買えばよかったw


■シンケンジャー
敵の設定や組織の成り立ちが歴史があったり、怪談テイストでいいですね。

レッドの強さが引き立っていたのも殿様的で良かったです(暴れん坊的な意味でw)
他のメンツも個性的ですし、私生活を捨てて戦うという事がどう言う事なのかの描写も気になります。

あとOPの歌が個人的に完璧でした。最後に\アッパレ!/でやられましたw

■ディケイド
上でも振りましたが、
キバの使い方が上手い上にフォームチェンジ合戦は見事。
見たいものを判っているあたりが流石黄金期のスタッフ。

カイザも動きがチト悪さが足りませんが、相変わらずでw
次回に期待。


■武者仁宇頑駄無
http://ga.sbcr.jp/mprize/012126/
カッコよすぎます。助けてw
[ 2009/02/19 02:23 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

また色々と 

絵茶遊星&アキ01

■遊戯王5Ds

なんかヴァイナーのライターのKMNのススメで見たらハマりました。
世界観が好みですw
さりげなく遊戯王の数年後で格差社会になってたので、
そう言う意味でも驚きです。ていうかネオドミノシティって変わりすぎだろうw

キャラでは不動遊星が大好きです。
序盤の無敵っぷりというか、決して揺るがないところが本当にかっこいいです。
絆を凄い大事にしたり、仲間のクズみたいなデッキバカにされてそのデッキでデュエルしてカードの効果を最大限に発揮して勝ってみたりとをそういう秘めた熱さもいいです。

後半ではかつての仲間が死んだ後蘇って敵になってしまい、そこで葛藤してからあまり出てきませんが、決着をどうつけるのか楽しみです。

キングことジャックアトラスも中々アホで好きです。
海馬ポジションだけあって、やたら印象に残るから困る。

あとBGMがいいです。カッコイイロック系の曲が多いのでサントラ買いそうです。
あと遊星のバイクのフィギュアも。

ワシの部屋02

■部屋がひどい
気づけばおもちゃばっか!
て言うわけでいい加減玩具収集も熱が冷めてきて、
本当に欲しいものに絞って買ってます。
いらなくなったりするもの買ってももったいないもんね!

xenos_matome2.jpg


■ゼノスビートル3DCG

またまた落葉さんが作ってくれました!
前作の反省点を生かして凄い進化っぷりにビックリです。
強化アーマーや変形など小ネタも仕込んでくれてとても嬉しかったです。

というか、ここまでほぼイラストしか資料が無いという状況で作ってくれたことに一番驚きです。あらためてありがとうございました!

■ディケイド&G

今更感想。Gは予算使ってるし、なにより発想が面白かった。
わりと原作に忠実な設定もあの枠ならではで好印象。

ワインで変身はありそうでなかったし、それをベルトにまんまつけるのはもう
逆にやられたとしか!フォームチェンジはお酒の種類で変わるみたいな妄想もできますね。

ディケイドは三話まで見今んとこ凄い面白いです。
写真やカメラといった小道具の使い方もうまいし、
クウガやグロンギも地味にスーツ手直しや新造しててビックリ。
クウガの変身ポーズを真似たくなる病が再び。

個人的にはアルティメットが再びみられたのがでかいです。
あれはホント中二まっさかりでデザインみたときキターってなったものですからw
今でも装着手元において眺めてるくらいです。

ホッパーとか台詞だけでニヤニヤですねw

次はカイザムラカミ!!

しっかしディケイドコンプリートフォームは発想の方向性がブレイドキングフォームと一緒なのに、あそこまで違うとはwwwある意味全てを破壊しそうだ…!




■こどものじかん

http://broadband.biglobe.ne.jp/program/index_kojika.html?bgf=C180_PG_IM&bgt=PI300488

14日まで全話配信してるので見てみましたが、予想に反して、エロはオマケというか、基本ギャグ進行ながらシリアスな問題を抱えているって世界観でした。


その問題と言うのが教育現場でありえそうな事が結構リアルに描かれていて驚きました。自分の母が教師なのでそこから聞いた事とかがかなり反映されているので、妙な説得力があるんですよね。教師間のやりとりとかも地味にそれらしいw



とりあえず六話まで見ると評価一変しますなー



しかし家庭訪問が無意味とかちょっと悲しくなった。(よくある話ですが)
確かに問題のある子意外は特に話すことないし、世間話で終わっちゃうってのが大体なんだろうし、親もそのために時間を割くので大変ということで、なんだかなあと。

主人公の先生が言うとおり、家庭の状況を把握するだけでも十分有益だと思います。
まずは「知る」ところが基本だと思うのですが、どうも教師側も親側もそれをよしとしない現実があるっぽいね。家庭と学校の連携無しには義務教育は成立しないと言うのに。

本来パワーバランスとしては 学校>家庭 なんですが近年それが崩れてきて、
公私混同がちな空間になりつつあるのが問題になってますね。

例としては○○が気に入らないからやらない、
あきらかに本人に問題があるのに○○は頑張っている 等

まあ公における自分と個人としての自分を使い分けなければいけないわけですが、
これ結構難しいんですよね。この年になってもまだ納得いかない部分とかもありますし。ただし、授業を受けるのは当たり前ですし、自分が気にいらないからやらなかったことが認められないことくらい普通理解できると思うんですが、どうも感情が先走ってる親御さん多いみたいですねえ。


あと教育格差、これどんどん酷くなりそうな。
僕の世代では進学校でも塾通いは必須ではなかったのですが、
今や必須どころか四個くらい通う始末だそうで、飯も家で食えないらしい。

そこまでしてやるのはいいけど、お金の無い家はそんなに無理できないし、
他がみんなそうしているとどんどん離される。(自主学習には限界がある)

…正直僕はそこまでして何を求めているのか、何がしたいのか解かりません。
親の意向もあるし、自分が置いてかれる不安もあるでしょうが、学校での勉強だけで社会に出てもどうこう出来るとはとても思えないし、知らないこともたくさんあると思う。

また、生活習慣や、生活の知恵(衣食住等)、道徳(人としてのある程度の指針)
をおざなりにする傾向があるので、僕はそっちもバランスよくやって欲しいなあと思います。


ま、格差が出来ることで見えてくるものもあると思うのでそれ自体は否定しないけどw



あとなりたくない大人に自分がなっていたときの絶望感みたいのの描写が泣ける。
僕もいつかそうなる時が来るであろう事は判るのでその時どうするか、慎重になろうと思います。



と言う訳でホント見てくれと中身正反対すぎです。
教育や学校や子供に興味がある人間が見ても面白いですこれ。
色々考えさせられます。





とまあ駄弁が過ぎたのでおしまい!
[ 2009/02/12 00:45 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。